pagetop

住まい手と向き合う

会社案内

その「想い」からはじまる。

 「家を建てよう」と思う時、その理由や想いは人それぞれだと思います。家族の絆を再確認するために家を建てるのか、安らぎを求めて癒される家を建てたいのか、それとも安心して住める家を求めているのか。そのご家族の家を建てる意図をきちんと汲み取ること、その「想い」に耳を傾けることが、住宅を設計させて頂く際に私たちがもっとも大切にしたいと思っていることです。「絆」を求める家族に「個性」は何の価値もなく、「癒し」を求める人に「奇抜」はマイナスでしかありません。同様に、耐震性を求める人にデザインを売っても仕方ないのです。建築士の「作品」ではなく、「仕事」として結実するためには、何よりもまず、その家族の声に耳を傾けること。聞いて、話して、また聞いて。双方向の関係から、共通意識、共通イメージをひきだしていくこと。住まいづくりにおいて、私たちが最も時間と労力を費やす部分、それが住まい手と、つくり手による「対話」です。

「物語」と呼ばれるもの。

 私たちが「物語」と呼んでいるシートがあります。それは、住む人がどんな家を望んでいるのか、どんな想いを託しているのかを推しはかるためのヒント。ご要望アンケートのようなものです。家族一人一人のこと、毎日のこと、休日のこと、将来のこと・・・。夢の話から現実のこまかな要素まで、さまざまな質問がぎっしり。これは、私たちが住まいづくりを考える上での重要な手掛かりになります。と同時に、住まい手であるご家族にとっても大切な「物語」になるはずです。一つ一つ丁寧にご回答いただくことで、ご家族の今や将来をあらためて確認し、考える。そのきっかけにしていただければ、と思います。ところで、その中の一つにこんな問いかけがあります。<あなたのこれまでの想い出(想い出の残っている場や時間)は、どのようなものですか?>-実は、サン工房が最も大事にしたいこと。その一つがこの「想い出(時間や場)」というものなのです。縁側から眺めた庭の景色や、簾越しの夏の陽、納戸のかくれんぼ、台所の母と交わした会話・・・。おそらくこの問いをきっかけに、多くの方が遥か遠い日に思いを馳せることでしょう。すると、やがて気づきます。想い出の光景は、決してリビング(茶の間)ばかりではなく、ごく何気ない場所にもあることを。だからこそサン工房は、いたずらにリビングの広さ、豊かさにこだわるのではなく、「想いに応える空間」「日々が息づく場所」を育みたいと思うのです。遠い日のささやかな場所にも目を向け、これからを生きる住まいに生かしていきたい。過去から綴られてきた「物語」の、その行間に見え隠れする想いを丁寧にすくい取り、明日の「物語」としてつないでいくための住まいを、住む人と一緒の呼吸で、目線で、紡いでいきたいと思います。

「チーム」として取り組む設計

 サン工房では、1人の担当建築士が責任を持って住まいを具現化していきます。
 ただ、そうした個人プレーの中にチームプレーを取り入れてもいいじゃないか、というのがサン工房の考え方。その中の一つが「設計ミーティング」です。担当建築士が住まい手の要望や敷地のことなど、概要とゾーニングプランや図面を発表します。これを他の建築士が、それぞれの視点から確認・検証し、問題を提起したり、新たな提案を加えていくというもので、一枚の図面、あるいは誰かの何気ない一言から、思わぬアイディアが産まれることもあります。
 多角的な視点で見つめることで一人よがりにならない、住まい手の立場に立った設計を目指しています。

設計のセカンドオピニオン

 医療現場において、患者はしばしば「果たしてこの治療方針でほんとうに良いのだろうか」と不安になり、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めたくなるものです。かけがえのない自分の身体の問題ですから、ごく当然のことでしょう。そして家づくりの世界においても、それぞれのお客様にとって大切なわが家をつくる以上、医療と同様、セカンドオピニオンが必要です。もし、「他の建築士の意見も聞いてみたい」と思われた場合は、どうぞご遠慮なくその旨をお伝えください。お客様の疑問について他の建築士がお答えします。
  また、必要とあればお客様の思いをしっかりと受けとめることのできる別の建築士に担当を交代し、さらに場合によっては設計のスタート地点まで戻り新たなプランづくりを行います。 こうした設計のセカンドオピニオンができるのも、サン工房が複数の建築士から成る設計者集団であり、サン工房自体がひとつのチームであるからに他なりません。
  家は住まい手の表現であり、住まい手そのものでもあります。だからこそサン工房は、完成に至るまでも完成後も、住まい手、つくり手双方ともに、納得感と満足感が得られるいい家づくりを心がけているのです。