pagetop

日本の家をつくる

会社案内

「日本の家」とは

 日本の家は古来より、木の土台、柱、梁を骨組みとし、壁には主に土塗壁、屋根は茅や木板または瓦などで葺く工法によってつくられてきました。それら材料については地域で産出された自然の材料がほとんどで、その生産は代々受け継がれてきた生産技術が生かされ、その地域の経済も支えてきたと言ってもいいと思います。
 日本の家の特徴としてまず思い描かれるものは、勾配が付けられた屋根と軒の深さではないかと思います。日本は雨の多い国であり、雨水が建物に侵入すると建物を早く傷めるおそれがあるため、必然的に屋根は勾配が付けられ軒はなるべく出す形になったと思われます。また深い軒は夏季に強い日差しを遮る効果もあり、季節ごとの日照を調整できます。構造体である柱と梁のフレームのあいだには大きな窓になっている場合が多く、この窓から外部の風を取り入れ、明るい光を導き入れます。庭や外部の景色も積極的に取り入れることができるのもこのような大きな窓のおかげです。
 こうした気候の影響をうまくコントロールしながら自然をうまく利用しようとする環境共生型ともいえる「日本の家」のつくりかたや技術は、エネルギー消費の抑制が課題となっている今日では、一層評価されるべきであると考えます。

私たちの家づくり

 日本の気候を生かしたこれまでの「日本の家」造りの良いところを残しながら、より「丈夫で長持ち」、または「愛着」や「心地良さ」を感じていただく家にするために、様々な取組みや検討を行っています。目先のコストを少しでも抑えるために、手間を省くことが家づくりの重要な課題とされている昨今、私たちはご家族とその家の将来を見据え、目先のコストだけに囚われず、設計においてはしっかりと時間を掛けて納得していただくまで検討し、施工においては敢えて手を入れるところは入れることで、「丈夫で長持ち」する家、「愛着」「心地良さ」を感じていただけるような家になる様に常に積極的にご提案させていただいております。

いつもより遅くなった学校帰り、遠くから見えた煙突の煙に何ともいえない安らぎを覚えた。ああ、帰っていく家はもうすぐそこなんだという安心感。あれが僕の原風景かもしれないですね。サン工房代表 松井 進