pagetop

国産材を使う

住まいの特徴

家の「寿命」は何歳か

 昔、日本の家は、「三代住み継ぐ」 という考えのもとにつくられていました。戦後住宅の寿命は30年程といわれ、家は古くなったら取り壊すのが常識のようになってしまいました。そして近年、日本が成熟社会を迎えると、それにふさわしい豊かな住環境を実現するために、政府が提唱する「長期優良住宅」に象徴されるように長寿命の家づくりが注目を集めるようになりました。「三代住み継ぐ」という言葉が物語るように、かつての日本の家は「しっかりつくって、きちんと手入れして、長く大切に住まう」ものでした。
 親から子へ子から孫へ。世代を超えて住み継ぐためには、何よりも「丈夫で長持ちする家」でなくてはなりません。また、家族構成や時代の移り変わりによる暮らし方の変化にも柔軟に対応できるよう融通のきく間取りであることも大切です。そして昔の日本の家づくりでは、これらのことがあたりまえのように行われていたのです。
 サン工房が掲げている「日本の家づくり」は、「情緒や意味としての日本の家」に加え、材質や工法の面からとらえた「丈夫で長持ちする日本の家」も指しています。サン工房がずっと前から一貫して地域材と伝統技術にこだわってきたのは、「丈夫で長持ちする日本の家づくり」を行うためでしたが、今再び長寿命住宅の推奨という観点から地域材や伝統技術の良さが再認識されています。

適材適所の材料選定

 コストを抑えるためには、どこかで仕様を落とさなくてはなりません。それをどこにするかはそれぞれの住宅会社の考えだと思います。サン工房は、コストを抑え無理なく皆様に建てて頂きたいと思っております。しかし住んで頂く以上、なるべく丈夫で長持ちする家にしたいと考えています。
 よって見えないところ、つまり将来交換が難しいところこそ、きちんとコストをかけて造るべきだと考えます。例えば床下の材料は、湿気などによる腐りや虫害などに強いとされる桧を使っていたり、壁の下地の胴縁に杉を使っていたりと、適材を適所に選定しています。

国産材、芯去り材を使う

 サン工房の構造材は全て国産材を使用しています。高温多湿な気候の日本は腐食菌が発生しやすく、白蟻などの病害虫も数多く生息し、輸入材には不向きな環境とも言えます。森林で何十年、何百年と生き続けている国産材は、日本の気候風土に対する耐性(防腐や防虫性能など)が備わっており、耐久性に優れた木材として世代を超えて住み継がれる丈夫で長持ちする住まいには欠かせません。
 また、構造材の梁・桁材には、木材の樹芯部を取り除いた「芯去り材」を使用します。芯の部分を抜いて木取りする為に高齢樹の太い原木からしか取れない芯去り材は目の詰まった赤身が多く、非常に強い材料です。古い寺社も、芯去り材で建築されていることが多いことからもそれは分かります。
 そして芯去り材は強さばかりではなく、芯を持っていない事で割れが入りにくく、化粧材としても良質な材料と言えます。