pagetop

伝統技術

住まいの特徴

手刻みによる大工仕事

 日本の木造建築を支えてきた大工技術には素晴らしいものがあります。快適により長く住み続ける為には設計が良い事に加え、高い技術を身につけた大工の力が必要です。しかしこれらの大工技術は金物や建材の普及で徐々に受け継がれにくい時代となりました。
 それでもまだ手作業が多く長年の経験からくる感覚がモノをいう現場です。時にはより良い住まい造りをしたいという想いで職人の立場から材料の指定や交換を要求することもあります。同じ木材でも大工が伝統的な加工を施す事で、強度的にもより強く、見た目も美しくなります。
 サン工房は、古くから受け継がれてきた伝統技術と、技術革新による強度の高い金物を融合し、より質の高い住宅を提供しています。

職人技を次世代へ

 サン工房のつくる家には、数多くの「職人技」が生かされています。それは先人から代々受け継がれながら、時間や風土に磨かれてきた唯一無二の技。そして、この代替のきかない技を受け継ぐのが「職人」です。
 サン工房の家づくりは、道具さえあれば、人数さえ揃えばできるものではなく、確かな技術と豊富な知識を備え、経験を積んだ者だけが身につけた職人技なくしては始まりません。だからこそ私たちは、若い世代に熟練した職人の技術と知識、経験を引き継いでもらうため、そのサポートにも取り組んでゆきます。