pagetop

長期優良住宅

住まいの特徴

サン工房の家はすべて長期優良住宅です。

かねてより「丈夫で長持ちする家をつくる」を標榜するサン工房は、長期優良住宅認定制度がスタートする以前から長期優良住宅と同等の住宅性能および維持保全計画を持った家づくりを実践して参りました。現在、サン工房が設計・建築する住宅はすべて、所管行政庁より長期優良住宅の認定を受けています。

長期優良住宅とは

 長期優良住宅とは、住宅の価値を高め、良質なストックとして次世代に継承していくことを目的とする「長期優良住宅促進法」に基づき建築される住宅をいいます。一般住宅に比べ、耐久性・耐震性、省エネ性に優れるなど、長期間良好な状態で住み続けられる措置が講じられ、長期にわたる維持保全の計画が立てられます。
 長期優良住宅は、以下の7項目の認定基準を満たす必要があります。
①耐震性
極めて稀に発生する地震に対し継続利用のための改修を容易にするため、損傷レベルの低減を図ること
②省エネルギー
必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること
③劣化対策
数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること
④維持管理更新の容易性
構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること

長期優良住宅のメリット

 長期優良住宅の認定を受けると、住宅ローン減税や固定資産税、地震保険の割引など様々なメリットがあります。